長時間のロングフライト[快適便利グッズ]厳選【3選】長いフライトの必需品がコレ!

長時間飛行機の必需品グッズとして、ロングフライトの快適グッズを選ぶときの3つのポイントを紹介しています。

12時間を超えるフライトで足のむくみやだるさを解消するグッズ、片道20時間以上のフライトなのに行きも帰りもフットレストが付いてない場合の対策グッズ、寝た後の首の痛みを気にすることなくすぐに眠りにつける快適グッズを厳選してきました。

長時間のフライトで快適便利グッズを選ぶときの3つのポイント

フライト後の足のむくみを解消するにはフライト中の段階圧力が大切!

例えば、12時間を超えるようなフライトで足のむくみ対策を何もしないでいると、血行が悪くなりリンパの流れが滞り、フライトを終えた後の足のむくみは避けられません。

そこで「着圧ソックス」を購入する方も多いんですが、選ぶ時のポイントになるのが「段階圧力」で設計されているソックスであることです。

「段階圧力」とは、足首からふくらはぎまで、上にいくほど『着圧値(hPa)』が低くなる設計になっていることです。

足を段階的に引き締め足首から上に押し上げることで、重力で下に溜まってしまった血液を心臓に向けて戻りやすくしてあげます。その結果、リンパのめぐりが良くなり血行の促進がされ足のむくみをが改善されるわけです。

長時間フライトで「着圧ソックス」を購入する際は、「段階圧力」で設計されたソックスを選ぶことをおススメします。

フライト後の足の軽さが全く違ってきます!

機内で快適な睡眠を得るには足を伸ばしてリラックス姿勢が大切!

長時間のロングフライト[快適便利グッズ]厳選【3選】長いフライトの必需品がコレ!

これは実際に合ったお話しですが、片道20時間以上のフライトなのに行きも帰りもフットレストが付いてない、なんてことがあるんです!それにしても、片道20時間以上のフライトはきついですね。

そこまで長時間でないにしても、機内で睡眠をとることは良くあります。その時に大切なのが「寝る姿勢」です。

理想は足を伸ばして完全に横になった姿勢ですが、飛行機でその姿勢になれるのはごく限られたエリアだけです。

なので、長距離フライト中に快適な睡眠を得るためには、出来るだけ足を伸ばせる姿勢を作ることがポイントになってきます。

そういった意味で言うと、フットレストがあるとないでは大きな違いになるんですが、でもフットレストがあっても機内で快適な睡眠を得るまでにはいきません。

この後に、足を伸ばしてリラックスする対策グッズを紹介しますのでお楽しみに!

目覚めの首の痛み解消は適度な首の角度を維持し頚椎を支えるのが大切!

機内で睡眠をとるためにネックピローは欠かせません。仮眠程度であれば安いものでも良いかも知れませんが、長時間フライトで一晩機内で睡眠を取るとなるとそうはいきません。

実は、枕(ネックピロー)と頚椎(ケイツイ)の関係ってとても大切なんです。

頚椎は、ヒトが活動する上で大切な神経の保護も担っています。なので、理想的な睡眠は、枕が頚椎を保護する役割を担っている必要があるんです。
(※枕と快眠についてはこちらのサイトが参考になります。)

なので、機内で睡眠を取るときのネックピローを選ぶポイントは、頚椎もしっかりサポートしている人間工学に基づいた設計のネックピローを選ぶ必要があるんです。

機内で目覚めた時に「首が痛い!」とならないために、適度な首の角度を維持し頚椎を支えてくれるネックピローがおススメです。

長時間のロングフライト[快適便利グッズ]厳選【3選】

ドクターショール[フライトソックス]【男女兼用】

ドクターショール[フライトソックス]は、もちろん「段階圧力設計」を採用している着圧ソックスです。なので、なので足の血行も良くなり、飛行機内での脚の疲れや足のむくみをやわらげてくれます。

ソックスの『着圧値(hPa)』は、足首「23hPa」からふくらはぎ「19hPa」までの段階圧力着圧値を採用しています。

男女兼用で年齢を問わず手軽にはけるひざ下ソックスタイプで、コットン風のやわらかい素材感があって履き心地も抜群です。

COOWOO[フットレスト]足置き【改良版】

前方の座席に引っ掛けるだけなので、誰でも簡単に取付が可能です。ベルトが調節できるので、好みの足の高さに調整してリラックスできる姿勢を保つことができます。調節可能な長さは「92~116cm」となります。

利用者の口コミでも・・・

◆「簡単に取り付けられ、足も本当に楽で買ってよかったです!長時間のフライトにはとても便利でした。」
◆「長さも簡単に調節でき、コンパクトなので手荷物にも入りやすく、何より12時間のフライトで足がまったく疲れなかったので大変、助かりました。」

といった喜びの声が寄せられていました。

Purefly[ネックピロー]U型【収納ポーチ付 】

Purefly[ネックピロー]の特徴は、適度な首の角度を維持しながら頚椎を支えて保護してくれるところにあります。だから、機内でも快適さを感じながら睡眠をサポートしてくれるわけです。

また、手動プレス式空気注入ボタンにより、適切な膨らみになるまでボタンを繰り返し押して膨らませることが出来るので、自分の好みのクッションに調整できます。

「球体状の空気入れを数度凹ますだけで枕が完成。抜くのも簡単で画期的。」という利用者の評価コメントもあります。

また、使い心地では「このネックピローを購入してからは首は全く痛くならないし、すぐに眠りにつけます!触り心地も抜群です!」と高評価でした。

まとめ

『長時間のロングフライト[快適便利グッズ]厳選【3選】長いフライトの必需品がコレ!』ということで、長時間飛行機の必需品グッズを選ぶときの3つのポイントと、ロングフライトの快適便利グッズ厳選3選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

長時間のロングフライトで、飛行機の機内で同じ姿勢でいるのは本当につらいです。少しでもリラックスできる姿勢を作るための快適便利グッズとして、この3商品はおススメできます。