医療用弾性ストッキング[通販]でおすすめの[足むくみ解消]用はあるのか?

医療用弾性ストッキングを通販で探している方には2つの理由が考えられます。

1つ目は下肢静脈瘤の方が手術後の合併症予防のため医師から勧められ調べている。
2つ目は足のむくみ解消や足痩せのために着圧ソックスより引き締めが力がある医療用弾性ストッキングを探している。

つまり、医療機器としての弾性ストッキングと足のむくみ解消グッズとしての弾性ストッキングになりますね。

そこで、医療関係のクリニックサイトでも奨励している医療用弾性ストッキングを徹底して調べてきました。良かったら参考にして下さい。

通販で医療用弾性ストッキングを探しているあなたは?

下肢静脈瘤の手術をされている方なら・・・

もしあなたが「下肢静脈瘤の手術後に足をサポートするために医療用弾性ストッキングを通販で探している。」なら、購入する前に担当の医師とよく相談することを強くおすすめします。

恐らく、担当医から医療用弾性ストッキングの話しはお聞きになっていると思います。やはり、それなりに費用が掛かるかも知れません。

でも、下肢静脈瘤の手術を受けた方が、素人判断で安い弾性ストッキングを通販で購入することはおススメしません。術後のあなたの足の状態を知っているのは担当医なので、よく相談して下さい。

妊娠中の方が医療用弾性ストッキングはOKなの?

まず、妊娠中の方でも着圧ソックスや医療用弾性ストッキングを履いて足のむくみを解消することはOKです。恐らく、医師や看護師さんから勧められるのではないでしょうか。

ただ、ここでも先ほどと同様ですが、素人判断で安い弾性ストッキングを通販で購入することはおススメしません。

妊婦さんの場合は、あなた一人だけの問題ではありませんので、あなたの身体と赤ちゃんの状態を一番よく理解している担当医にしっかりと相談して下さい。

医療用の弾性ストッキングを処方してくれることもあるので安心できると思います。

医療用弾性ストッキングの通販で足のむくみ解消や足痩せのグッズは?

ここからは、下肢静脈瘤の手術した方でもなく妊娠中の方でもない、あくまで足のむくみ解消のため(できれば、足痩せや美脚のため)に、おすすめの医療用弾性ストッキングを通販で探している方に、医療関係のクリニックサイトでも奨励している医療用弾性ストッキングを紹介していきます。

通販で医療用弾性ストッキングを選ぶときの3つのポイント

まずは、医療用弾性ストッキングを選ぶ時の押さえておきたい3つのポイントを紹介ます。それが「着圧値」「つま先のありなし」「形状」です。

「着圧値」

市販の着圧ソックスも医療用の弾性ストッキングもこの「着圧値」によって引き締め力が決まってきます。

市販の着圧ソックスだと上限が「22.5mmHg(30hPa)」くらいですね。それが足首からふくらはぎに掛けて段階的に着圧値を緩めていく構造になっているんです。

医療用弾性ストッキングの「着圧値」では、弱圧で「20mmHg(26.6hPa)」、中圧で「32mmHg(40hPa)」、強圧で「40mmHg(53hPa)」といった数値です。通販で購入できる弾性ストッキングが弱圧から中圧くらいですね。

「つま先のありなし」

市販の着圧ソックスも医療用の弾性ストッキングとも、よく見ると「つま先あり」「つま先なし」があります。

基本はどちらを選んでも構いません。違いといえば、蒸れ具合ですね。やはり、厚い夏の季節だと「つま先なし」の方がいいと思います。

ちなみに、「医療用弾性ストッキング 通販 オープントゥ」と検索して探している方もあります。「オープントゥ」とは「つま先が開いている」=「つま先なし」という事です。

「形状」

ここで言う医療用弾性ストッキングの「形状」とは、「ハイソックス」タイプか、太ももまでかかる「ロング」タイプかの違いです。

あくまで医療用となるので、下肢静脈瘤の方の場合だと、筋ポンプの増のためにふくらはぎの圧迫に重点を置くので「ハイソックス」タイプがベストになります。これが下肢の静脈血栓後遺症やリンパ浮腫の方になると太ももまで太くなってしまうので「ロング」タイプがベストになってきます。

ただ、ここでは、足に何かしらの疾患を抱えている方ではなく、あくまで足のむくみ解消グッズとして医療用弾性ストッキングを探している方に向けてお話しすると、医療用弾性ストッキングの「形状」はあなたの求める方で構いません。

医療用弾性ストッキングの履き方&脱ぎ方!

医療用弾性ストッキングの履き方

1.はき口に手を入れる。
2.入れた手の指でかかとをつまむ。
3.かかとをつまんで裏返す。
4.つま先を入れる。
5.つま先から表にかえす。
6.かかとの位置を確認し、しわがないように引っ張る。


出典:新宿外科クリニック/大宮セントラルクリニック

医療用弾性ストッキングの脱ぎ方

1.ぐしゃぐしゃにせず裏返す。
2.くるぶしまでそのまま下す。
3.かかとに親指を入れる。
4.かかとの方に押し下げる。
5.履き口を持って足先の方に引っ張る。


出典:新宿外科クリニック/大宮セントラルクリニック

実は、この動画を作成した「大宮セントラルクリニック」のスタッフさんたちは「弾性ストッキングコンダクター」と呼ばれる資格を持っているんです。

この「弾性ストッキングコンダクター」と呼ばれる資格は、弾性ストッキングを正しく着用するための適切な指導をする役割を担う「日本静脈学会」の認定資格でもあるんです。

それくらい医療用弾性ストッキングは、医療業界では大切な“医療機器”なんです。

医療用弾性ストッキング通販|足のむくみ解消グッズでは

それでは、医療関係のクリニックサイトでも奨励している医療用弾性ストッキングを紹介していきます。

医療用弾性ストッキングは医療機器というだけあって、聞いたことのないメーカーの弾性ストッキングが多いです。

そこで、医療用弾性ストッキングの通販を調べるのに良く活用するネット通販最大手の「Amazon(アマゾン)」と「楽天市場」でいろいろリサーチしてきました。

やっと見つけた医療用弾性ストッキング【3選】

やはり、聞いたこともないよなメーカーになると、一般の通販サイトではなかなか見つからないのが現状でした。

その中で、やっと見つけた弾性ストッキングがこちら・・・

【ALCARE】弾性ストッキング

【TERUMO】弾性ストッキング

【LimFix】弾性ストッキング

結構有名な【VENOSAN(ベノサン)】医療用弾性ストッキング厳選【3選】

先ほどの3つのメーカーと違って、このスイス製の医療用弾性ストッキング「VENOSAN(ベノサン)」は結構有名なんです。勧めている病院とかクリニックも多く、もちろん、通販でも購入することが出来ます。

実はこの「VENOSAN(ベノサン)」の医療用弾性ストッキングは、あの「たまごクラブ」の雑誌でも出産準備グッズとして取り上げられているんです。

ベノサン(VENOSAN)【シルバーライン】

ベノサン(VENOSAN)【AES】ロングタイプ

ベノサン(VENOSAN) 【ベノサン-5000】

まとめ

『医療用弾性ストッキング[通販]でおすすめの[足むくみ解消]用はあるのか?』ということで、医療用弾性ストッキングを通販で探している方の理由から、医療関係のクリニックサイトでも奨励している医療用弾性ストッキングを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

立ち仕事がメインで、仕事が終わると足がだるい!夕方になると足がむくむ!といった悩みがある方に、医療用弾性ストッキングを試してみることをおすすめします。

もし購入されたら、ここで紹介した動画の「正しい着用方法」で履いて下さい。普通の靴下やストッキングの履き方では、思うように履けませんので注意して下さいね。せっかくの効果も半減してしまいます。