タカタ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用が安全性で高い評価!ベット型がない理由は?

チャイルドシート[新生児から]用を選ぶときの3つのポイントを紹介しています。

結論から先に言うと、「安全性」「軽量コンパクト」「ISOFIX(アイソフィックス)」になります。

ちなみに・・・

タカタのチャイルドシート[新生児0歳~4歳用]は、チャイルドシートアセスメントの安全性評価でも高い評価を獲得しているんです。

コンビのチャイルドシートも高評価と得ているんですが、今のところタカタの方が高評価を得ている数が多いようです。

チャイルドシートを選ぶ時のポイントに、この第三者機関による安全性評価は大きなポイントになりますね。

それでは早速、チャイルドシート[新生児から]用を選ぶときの3つのポイントを見ていきます。

チャイルドシート[新生児から]用を選ぶときの3つのポイントとは!

チャイルドシート[安全性]評価

チャイルドシートの「安全性」を客観的に知るなら、「チャイルドシートアセスメント」の評価は大きな基準になりますね。

「チャイルドシートアセスメント」では、とても厳しい試験項目がいくつもあり、その結果は「優」「良」「普」「推奨せず」の4段階で評価されます。

なので、チャイルドシートを選ぶ際には、「チャイルドシートアセスメント」の評価があれば、ポイントは高いと思います。

また、メーカー自身がチャイルドシートの研究開発にどれくらい予算を掛けているかも判断基準になりますね。

ちなみに、タカタのチャイルドシートは、チャイルドシートアセスメントで「優」の高い評価を得ているチャイルドシートがほとんどです。

もともとが自動車のシートベルトやエアバックの専門メーカーですので、当然、チャイルドシートの研究開発費用もかなりかけているようです。調べてみると、200億規模だそうです。

ちなみに・・・

これだけの専門メーカーだけあって、タカタにはフラットになる「ベット型」のチャイルドシートは無いんです。

ベット型タイプは、骨格がまだしっかりしてない乳児には危険なんだそうです。車社会の欧米ではベッド型タイプは認めてくれないそうです。

チャイルドシート「軽量コンパクト」

タカタ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用が安全性で高い評価!ベット型がない理由は?

チャイルドシートは軽量でコンパクトであることは必須条件ですね!

ちなみに、Amazonのチャイルドシート[新生児から用]部門の売れ筋ランキングで1位を獲得した「タカタ」と2位を獲得した「コンビ」の重さを調べると、タカタ「4.3kg」、コンビ「4.4kg」でした。

新生児から用のチャイルドシートとしては最軽量ですね!そして、コンパクトなデザインに仕上げっているわけです。

だから、ママにも扱いやすく、小さな車でもコンパクトだから車内を広々使えるんです。例えば、後部座席に2台のチャイルドシートをセットしても、ママも一緒に座れるわけです。

チャイルドシート「ISOFIX(アイソフィックス)」

ISOFIX(アイソフィックス)」というのは、自動車の座席にチャイルドシートを固定する方式の国際標準規格を言います。

ご存知の方も多いと思いますが、「2012年7月」以降発売の自動車には、この「ISOFIX」アンカーの取り付けが義務付けられているんです。

なので、「2012年7月」以降に購入された新車をお持ちの方は、「ISOFIX(アイソフィックス)」仕様のチャイルドシートが使えるんです。

従来のシートベルト固定方式と新しいISOFIX固定方式で何が違うのかというと、かなり大きな違いがあります。

1.チャイルドシートの取り付けが超カンタンになった!

2.60%以上あった取り付けミスがほとんどなくなった!

3.取り付け後のグラつきが無く、しっかりと固定される!

以上です。

ただ一つ難点を言うと、お値段が高いことです。

でも、かわいい我が子の命を危険にさらすわけにはいきませんから、「2012年7月」以降に購入された新車をお持ちのパパさんママさんには、「ISOFIX(アイソフィックス)」仕様のチャイルドシートをおすすめします。

チャイルドシート[新生児0歳~4歳用]厳選【3選】

タカタ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳

タカタの[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用のシートベルト固定方式になります。必要な機能をシンプルにまとめたタカタ[チャイルドシート]のベーシックモデルです。

チャイルドシートアセスメントで乳児モードで最高評価の「優」を獲得したモデルです。安全面でとても高い評価をされたチャイルドシートになります。

本体の重量が「4.3kg」の軽量モデルでコンパクト設計なので、狭い車内でも取り付けと取り扱いがとても簡単にできます。セカンドチャイルドシートとしても最適です。

コンビ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳

コンビの[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用のシートベルト固定方式になります。重量はわずか「4.4kg」の超軽量コンパクト設計なのでママにも扱いやすく、小さな車でも車内が広々使えます。

万が一の衝突の時にも背中全体で衝撃を分散できる「だっこ型R」シートの安全角度を採用しています。また、座面高さはわずか「9.6cm」の低重心低座面設計なので乗せおろしがとても楽になります。

タカタ[チャイルドシート]04[ISOFIX]新生児0歳~4歳

タカタの[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用のISOFIX(アイソフィックス)固定方式になります。「2012年7月」以降発売の新車には義務付けでISOFIXアンカーが標準装備されています。

従来型のシートベルト固定方式では取り付けミスが「60%」以上だったのが、ISOFIX固定方式のチャイルドシートにすることで取り付けミスがほとんど無くなりました。

タカタのISOFIXチャイルドシートは、チャイルドシートアセスメントの乳児・幼児両モード初の最高評価『優』をダブル獲得していて、とても高い安全性が認められています。

【コラム】Amazonファミリーなら“おむつ”も安くなる!

ご存知でしたか?

赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭なら、アマゾンプライムと同じ金額でプライムとほぼ同じサービスが受けられる「Amazonファミリー」が大変にお得なんです。

例えば、おむつや粉ミルクなどが嬉しい特別割引価格で購入できるんです。また、水やお米など重たいものが送料無料で届けてくれるので、恐らく1ヶ月かからないで年会費の元は取れちゃうと思います。

さらに楽しめるのがAmazonビデオ!子供たちに大好評のアニメや映画はもちろん、パパやママも楽しめる映画やドラマ、アニメも充実しています。特に、小さなお子さんがいるご家庭は大好評なんです。

今なら、「くらべるおむつBOX」がAmazonファミリー登録で実質無料でお試しできます。

「Amazonファミリー」の登録はこちら

タカタ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用が安全性で高い評価!ベット型がない理由は?

まとめ

『タカタ[チャイルドシート]新生児0歳~4歳用が安全性で高い評価!ベット型がない理由は?』ということで、チャイルドシート[新生児から]用を選ぶ3つのポイントとチャイルドシート[新生児0歳~4歳用]厳選【3選】を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

チャイルドシートの[新生児から]用をいろいろリサーチしてきて思ったのが、第三者機関となるチャイルドシートアセスメントの高い評価を獲得している「タカタ」と「コンビ」であれば、チャイルドシートの安全面で安心できるという事です。

でも、一番安心できるのは、パパやママの安全運転になりますね。いい思い出をたくさん作ってあげて下さい。